盗聴探知機の重要性

| 未分類 |

もし自分が誰かから監視されていると感じたりストーカー行為を受けているのであれば、自動車に盗聴器が取り付けられていることも頭に入れておいたほうがよいでしょう。というのも自動車は盗聴器を付けやすいからです。室内に取り付けるとなると、中に侵入できるほど親しい関係でなくてはいけませんし、場合によっては合鍵を用意する必要があるなど手間がかかります。一方で自動車であれば家の外に置いてあるので、気づかれることなく取り付けることが可能です。取り付けることのできる箇所も多く、車体の底やナンバープレートの裏などに付けられるとなかなか見つけることはできません。室内と同様に盗聴器について注意すべきなのが自動車なのです。

盗聴器のおそれがある場合でも、盗聴探知機があれば安心です。盗聴器は電波を発信しているので、それを探知機を使って感知することで簡単に設置場所を見つけることができます。一台用意しておけば、運転前に車の周囲を回るだけで盗聴器の有無を確認できるので便利です。価格も従来に比べると安くなってきており、サイズもコンパクトになっているので使いやすくなっています。最近は盗聴器が発する電波を活用して、車の居場所の特定に用いるケースも増えています。危険にさらされる前に、少ないコストで安全を確保しましょう。