自動車に搭載する機器として、レーダー探知機というものが用意されています。このタイプには複数の機種が用意されているのですが、目的としては主にスピード違反の取り締まりにあります。勿論、自動車の運転に関しては常に制限速度を順守することが必要とされているのですが、万が一、スピード超過となっており、取り締まりなどを行っている場合では、いち早く探知機によって運転者に警告することが可能とされています。現在では取り締まりに利用される機器も向上していることもあって、対応するように常に進化をしている機器としても知られています。取付に関しては、一般的なタイプではシガーソケットから電源を取得することができ、簡単に自動車内に装着できることになります。その一方で盗聴探知機と呼ばれているものも存在しています。このタイプでは主に盗聴器が仕掛けられている場所を探すことを目的としているものになり、一般的な住宅が対象とされています。盗聴探知機の役割に関しては、住宅に居住されている方が知らぬ間に盗聴されてしまっている可能性があり、プライバシーの保護のために活躍することになります。高性能な機器も販売されており、中には業務として活用されている方も存在しています。