思わぬ災難を防ぐには!?

| 未分類 |

自動車を所有していると、注意していたとしても車上荒らしやスピード違反の取り締まりにあうことがあります。
このような被害を防ぐために、カーショップなどでは様々な種類のレーダー探知機と盗聴探知機が販売されています。
レーダー探知機の役割は、高速道路や速度が出やすい一般道路などに設置されているオービスのレーダーを感知し、運転手に教えてくれる優れものの機械です。
オービスなどは速度がでやすい道路や高速道路などに設置されているのですが、運転手からは見えない場所に設置されているので、仮に発見してから速度を落としたとしてもすでに写真を撮影され違反が成立している場合もよくあります。
レーダー探知機は運転手が確認する前に知らせてくれるのでしっかりと速度を落とすことができるので、オービス対策をすることができます。
盗聴探知機の役割は、盗難犯人が自動車に設置されているカーナビやカーオーディオなどを盗むためにガラスを割ったり、鍵を解錠しようとすると警報音を鳴らしたりする装置です。
盗難犯人は警察に捕まることを一番恐れており、車を物色している時に大きな警報音が鳴るとすぐに通報されてしまうので、盗難探知機が設置されていない車を狙って盗難をしていることが多いです。
盗難犯人に対しての抑止効果があるので、設置しているだけで防犯対策になります。