近年車のトラブルで増加傾向にあるのが車上荒らしです。以前の車はエアコンのみや、カーオーディオもラジオだけといったものが多かったのですが、近年ではカーナビの普及によるカーオーディオの高級化や警察探知機などの装備の充実のより、車そのものに金品が積まれたままになっている状態なのです。そのため、そのような簡単に持ち出すことができないものでも車の盗難のターゲットになっています。そのような車の盗難から大切な愛車を守るためにできることがあります。まずは、人目のない場所に車を置かないことです。人目のない場所で車にいたずらをされたとしても気づかれにくいのです。そのため、人に見つかるリスクが低いので車の盗難にあうリスクが高くなってしまいます。次 に、盗聴器が仕掛けられていないかを把握しておくことです。盗聴器が仕掛けられていた場合、車の周辺に人がいないのかを犯人が判断しやすい状況にあり、また車の使用しない時間帯を犯人に特定されるという心配があるからです。最後にドライブレコーダーです。ドライブレコーダーは事故の時の決定的瞬間だけでなく、犯罪の証拠を残してくれるものも多くあります。そのため、犯人へのセキュリティーの警告にとても役立ちます。盗聴探知機等のセキュリティーにより常に車にいたずらされないよう警戒する必要があるのです。