警察が新たに導入しようとしている移動式オービスというものをご存知でしょうか。今までネズミ捕りという俗称で広く知られていた速度違反取締は、レーダー式や光電式の取り締まり装置がありましたが、この取締機は設置場所が限られていたので、幹線道路などで行われてきました。しかし最新の移動式オービスなら、住宅街や生活道路での取り締まりが可能となるわけです。これまでのレーダー探知機でも、固定式オービスの設置場所は登録されていましたが、移動式オービスとなれば、歯が立たないということなのでしょうか。移動式オービスと言っても、従来のレーダー式や光電式といった速度違反取り締まりは、警察の取り締まり無線をキャッチして、移動オービスの存在を警告してくれる機種はありました。この機能は、緊急車両の無線に反応して、パトカーの接近を警告してくれるカーロケーターシステムを搭載した機種になります。いわゆるカーロケ機能がついた機種ならば、覆面パトカーの接近も警告してくれるので、高速道路での走行を安全かつ潤滑に行えるでしょう。また、最近ことさら注目されているのが、安全運転にも寄与すると評価の高いドライブレコーダーです。そのドラレコと相互通信可能な機種が登場するなど、進化が著しい製品になっています。