安全運転の必需品

| 未分類 |

日本の公道には全て、速度制限が設けられています。
この速度を守ることによって安全運転、事故防止につながります。
しかし、中には速度を守らないで速度超過になっている自動車が見られます。
それを取り締まるパトカーやオービスと言ったものがあります。
その、オービスやパトカーの存在を知らせてくれるレーダー探知機と呼ばれるものがあります。
これは、走行中に緊急車両の近接やオービス、移動式オービスなどの存在を教えてくれます。
また近年ではGPS付きの物も発売されており、ピンポイントでオービスの位置と通過速度を教えてくれ、また速度超過になっていると警告もしてくれます。
このように、運転中に運転者が気づかないうちに速度超過に陥っていても、探知機が速度オーバーになっている状況を教えてれます。
GPSが備わっている物には、事故多発エリアの情報が入っているものもあり、その付近を走行すると音声などによって知らせてくれ、より安全運転に気持ちが入ります。
特に夜の運転では昼間と違い速度超過になりやすく、その場合にも音声案内によって速度超過になっている状況がわかる場合もあります。
緊急自動車の近接も教えてくれるものもあるので、急な緊急車両に慌てる必要もありません。